ニューハーフコラム特集

コラム詳細

変態についてまじめに考えてみる

投稿者: ジャルガル

  • 参考
  • おすすめ度★★★

コラム詳細

変態・・・

Wikipediaでは「変態性欲」と呼ばれ、
「性対象、性的興味の逸脱」が変態にあたるというようなことが書かれています。

※昔と現代では考え方もかなり違い、また医学的な見解もあったりするので、
定義はかなり曖昧のようです。

さて、
みなさんは変態ですか?

そもそも変態って何でしょうか?

上記のように
「性対象、性的興味の逸脱」
が変態の定義だとすると、大体の人が変態にあたるんじゃないかと思います。

特に性的興味の逸脱なんて言ったら、数え切れないくらいに逸脱するカテゴリーってあるんですね。

========================
【Wikipediaより】

■性対象、性的興味の逸脱

性対象(性的魅力を持つもの・状態)の異常
自体愛(病的自慰・ナルシズム)
拝物愛・異物嗜愛(フェティシズム・フェチ)
家電製品愛(扇風機・携帯電話など)
服装倒錯(コスプレ・異性装(女装・男装)趣味)
小児性愛(ペドフィリア)・少女愛(ロリコン)・少年愛(ショタコン)・エフェボフィリア
老人性愛(ジェロントフィリア)
偶像嗜愛(架空の存在(漫画・アニメ・ゲームキャラなど)や人形などへの(恋愛以上の)感情と妄想)
近親性愛(感情ではマザコン・ファザコン・シスコン・ブラコン。行為では近親姦など)
動物性愛(獣姦など)
畸形愛好(フリークス嗜好)
死体愛好(屍姦・ネクロフィリアなど)

■性目標(性的満足の行為)の異常

強制わいせつ(痴漢・痴女など。強姦などの性犯罪行為)
疼痛性愛(SM(サディズム・マゾヒズム)・快楽殺人など)
人肉嗜好(カニバリズム・丸呑みフェチ(Vorarephilia))
排泄物淫乱症(糞尿愛好症・スカトロジーなど)
虐待行為(性的虐待・動物虐待など)
露出症・窃視症(のぞき・盗撮)
強姦強迫観念(Biastophilia)
ズーサディズム(zoosadism・動物を痛めて快感を得る)
テレフォン・スカトロジア(Telephone scatologia・猥褻電話をかけて快感を得る)
ウェット&メッシー(濡れ、汚れフェチ)
========================

何やら聞いたことがないような言葉もありますが、
ここで考えておきたいのが、
「ほんの少しでも、その願望がある」
または
「潜在的にその資質がある」
ということがあり得ること、だと思うんです。

「いやいや、自分は全然ノーマルだから」

なんて言葉が聞こえてきそうですが、
よくよく考えてみると、性に対しての興味自体が、
ここでいう「変態」に繋がるのではないでしょうか?
極端に言うともう「人間であること」だけで変態に繋がるとも。

今では完全に市民権を得ている「○○フェチ」という言葉。
これって一応、変態の部類に入ります。
また、「SとMどっち」みたいな会話が普通にされていますが、(精神的な意味合いもありますが)
これも変態の部類です。

大正時代では「自慰」が変態の対象でした。
(行う場所とか方法によっては、現代でも変態と呼ばれますが)

他人に言えない願望や興味。
自分では気づいていない性癖や体質。

これらは、いつ開放されてもおかしくないわけですから、
やはり「変態」というのはマイノリティな存在ではないことが言えます。

犯罪や迷惑行為に繋がる「変態」はもちろんダメですが、
変態に対して少し寛容になることで、
人生が少し変わってくるかもしれませんね。

ここで少しニューハーフヘルスに触れてみると、
今まで興味があったけど、勇気が出なくて行けていないなんて方。

もしかして、
「自分の変態さを認めたくない」
「変態だと思われたくない」
なんて思いが少しあったりしませんか?

ニューハーフヘルス嬢は、変態に寛容な方が多いはずですので、
安心していいと思います。

人生は一回きりです。 悔いのないように、変態をさらけ出してみるのも良いのはないでしょうか?
(くれぐれも、犯罪・迷惑行為はだめですよ!)

PAGETOP