ニューハーフコラム特集

コラム詳細

女装子・男の娘・女装男子のなり方 その二

投稿者: カリナ・デラックス

  • 参考
  • おすすめ度★★★★

コラム詳細

女装の醍醐味、今回は「お化粧について」書いていきたいと思います。

 

皆さんもメイク道具は、ドラッグストアなどで見たことありますよね!
本当に種類が豊富で、ぱっと見どれをどう使ったらいいのかわからないかもしれませんが、
女のカリナ・デラックスも最初はそうでした。誰しもが最初はわからないことばかりです!

 

でも全然大丈夫です!
ちょっと瞼にアイシャドウをぬったり、頬にほんのりチークをはたいてみるだけですぐ人の顔は変わります。
メイク道具を手に取るたびに、自分の表情が簡単に変わっていくので実はお化粧ってすごく楽しいんですよ!

 

カリナが初めて口紅を塗ったのは幼稚園の時でした。鏡台に置いてあったお母さんの口紅をこっそり使ってはバレて怒られてました・・・。
ちゃんと一通りお化粧をしたのは中学生の時でしたね!
やっぱり雑誌に載ってるモデルさんが可愛くて、私もこうなりたい!って思って雑誌のメイクページに書いていることに沿って頑張ってました。
それから十数年、お年頃になってからはほとんど毎日(一応)お化粧はしてます。

 

お化粧は自分を綺麗に見せるためだけでなく、お会いする人へのマナーでもあります。
いろ~んなメディアでお化粧について特集はしてるけど、結局何をするべきなのかわからない方もいると思います。

 

お化粧道具を手に取って早20年、カリナ・デラックスが見出したお化粧のポイントはたった2つ!

 

★なりたいイメージ(憧れの芸能人の顔など)をしっかり持つこと
★自分の顔を直視し、熟知すること

 

これだけです。
カリナは普段女性雑誌などは買わないので、流行などはあまりわかりません。
景気が良い程に太眉が、不景気なほどに細眉が流行るくらいしかトレンドはわかりません。

 

流行を把握することは大事なことです。
でもそれに流されて自分に似合わないメイクをしても、綺麗ではないとカリナは思います。

 

お化粧の失敗なんて周りの女性も大体経験していることです。
恐れず、自分に合ったやり方を見つけられるまで諦めずにやっていきましょう!

 

まず、お化粧ポーチの必需品です。
みーんな持っているような基本的なもの。

 

★日焼け止め(お化粧自体には直接は関係ないのですが、乙女たるもの紫外線カットを忘れてはなりません)
★下地
★コンシーラー
★ファンデーション
★パウダー
★チーク
★アイライナー
★マスカラ
★アイシャドウ
★アイブロウ

 

こんな感じです。

 

必要なら、顔を立体的に見せるハイライトやシャドウ、つけまつげなど、必要なものを足していきましょう。

 

普段男性として生きてきたなら、なんじゃこりゃ~な名前もあると思います。

カリナが解説します!

 

★下地
ファンデーションの前に顔に塗ります。塗らない時と格段にファンデーションの乗りが違いますし、お化粧の持ちが良くなります。
極端に言うと、下地をぬってさえいればお化粧直しをしなくてもずっとお化粧したての綺麗が持続♥ってことです。

 

顔色を調整できる「コントロールカラー」もあります。
例えば、顔が赤みが気になる人はグリーン。
顔のくすみ(シミ・そばかす・クマなど)が気になる人はイエロー。
血色や顔色が悪い人はピンク。

 

これは色の足し引きと一緒ですね!反対の色(補色)のものをぬれば綺麗な肌色(白)に近づけるのです!
カリナは顔の赤みが気になるのに間違ってイエローをぬってしまい肌色が大変なことになってしまった経験があります。

 

★コンシーラー
これは言わずと知れた、「粗隠し」です!
「conceal」とは、「隠す、ぼかす」という意味です。
ポツン、と気になるシミやニキビなどを隠すのに最適!

 

★ファンデーションは皆さんご存知だと思うので飛ばします。

 

★パウダー
ファンデーションの上に乗せるだけで、ふんわりとした肌に仕上がります。
男性の肌は女性の肌に比べて毛穴が目立つので、女装には不可欠!

 

ここで皆さんに選んでいただきたいのは、「超微粒子」のパウダーです。
普通のパウダーよりも「超微粒子」なのでキメの荒い肌にも細かく定着します。

 

パウダーをメイクブラシでとり、少しずつ顔に乗せてください。

 

★チーク
チークは頬紅です。
チークには、パウダーチーク、リキッドチーク、クリームチークの3つの種類があります。

 

★パウダーチーク
パウダーチークは最も一般的なパウダー状のチークです。
ブラシを使用することでふんわりとした仕上がりになります。
チークの種類の中では1番使いやすいので、チークが苦手な方や初心者の方におすすめです。

 

★リキッドチーク
リキッドタイプのチークは液体状なので肌そのものを生かしながら色味をだします。
肌の奥からにじみ出るような柔らかな発色で、透明感のある仕上がりになります。

 

★クリームチーク
クリーム状のチークは内側からにじみ出るような仕上がりが魅力的です。
しっかりと発色させたい時におすすめです。

 

最近巷のおしゃれな女の子はみんな頬が真っ赤なのですが、カリナの考察ではクリームチークを使っていると思われます。
ただ、自然に見せたい方には向かないかもしれません。

 

チークをぬっているだけで、格段に可愛く顔が変わります!
カリナも初めてぬったときばビックリでした。オススメですよ!

 

★アイライナー
これもみなさんご存知ですね!
何でもそうなんですが、輪郭線を入れるとコントラストがはっきりして、目もくっきり大きく見えます。
アイライナーにはリキッドアイライナー、ジェルアイライナー、ペンシルアイライナー、パウダーアイライナーがあります。
それぞれメリットとデメリットがあります。まとめました!

 

★リキッドアイライナー
○落ちにくい。ぱっちりとした目を作れる。自由にラインを引くことができる。
×初心者には不向き。修正が面倒。きつい目になりやすい。

 

★ジェルアイライナー
○なめらかなのでラインが引きやすい。深い目元を作れる。にじみにくい。
×筆とジェルライナーが別々なので持ち運びが面倒。二度書きをすると汚くなりがち。

 

★ペンシルアイライナー
○自分の思うようにラインが引ける。ナチュラルな仕上がりになる。失敗しても修正しやすい。
×滲みやすい。キリッとした目にするには不向き。

 

★パウダーアイライナー○アイシャドウ感覚で使いやすい。カラーアイライナーに挑戦しやすい。
×滲みやすい。

 

カリナが使っているのはペンシルタイプです。
ペンシルタイプは落ちやすいのですが、今は落ちにくいものも売ってます!
自分に合ったものを探してみましょうね♪

 

★マスカラ
マスカラもみなさんご存知ですよね!まつ毛にぬるアレです。
マスカラは大きく取って、まつ毛のカールが長持ちするタイプか、まつ毛を濃くするタイプものもがあります。
でも難しいのはマスカラをぬることよりも、ビューラーを使ってまつ毛をくるんとさせることですよね。
よくビューラーの金属部分をライターなどで熱くしてからまつげをカールさせていました。
ビューラーは初めての方には難しいかもしれません。
でも練習すれば絶対上手に使えるようになりますよ!諦めずにがんばりましょう!

 

★アイシャドウ
アイシャドウは、瞼にぬります。
今は、パレットが瞼にぬる配置順に並んでいるアイシャドウもありますので、グラデーションをつくることは難しくはないです。
ぬっている時とぬっていない時、または色の選び方によって印象はガラリと変わります。

 

・上品に見せたい時・・・ブラウン。
 ブラウンは、使いやすく、肌なじみもいい色です。黒よりもきつくならず、柔らかいイメージを与えることができます。
 ナチュラルに、あまり主張しすぎず、それでいてお化粧している感じを与える事ができます。

 

・女性らしく見せたい時・・・ピンク。
 ふんわりと柔らかな雰囲気を作り出してくれます。
 ピンクは色の濃さによってもイメージが多少異なってきます。
 例えば桜色など薄い淡い色合いのピンクは、優しく清楚な雰囲気が出せます。
 反対に濃いめのピンクだと、ポップで幼いイメージになります。
 若く見せたい時などにはぴったりですが、ビジネスの場では×。
 ピンクは乗せすぎると腫れぼったい目に見える場合もあるので、注意してくださいね!
 特に元々目元が地味な方や奥二重の方は、ピンク使用時にはほんのり薄付けにするか、
 茶色やベージュと組み合わせ「ピンクブラウン」や「ピンクベージュ」として使いをしましょう。
 ピンクっぽい目元にしたいけれど、あまり目立たせたくはないという方は、部分的に使用するのも上手なやり方です。
 ぶたの中央部分だけにピンクを乗せると丸っこい目が作り出せます。
 また、目尻側だけにピンクを乗せると、少し大人っぽく、女性らしい雰囲気になりつつ、ピンクなのでキュートな印象も残せます。

 

・知的に見せたい時・・・ブルー。
 クールでミステリアスなイメージを与えます。。
 また、夏などは涼しげな目元になり、爽やかな好印象に。
 ただし、乗せすぎてしまうと青々しく怖い感じになってしまうので、気をつけましょう!

 

・セクシーに見せたい時・・・パープル。
 大人な色っぽい雰囲気になります。
 ただ、紫のアイシャドウはメイクやお洒落に関しても上級者向きと言えます。
 いきなり紫を試すのではなく、他の色に慣れてから使うのがオススメです。
・明るく見せたい時・・・オレンジ。
 春先には特にぴったりの色です。   若い方だと、ギャルっぽい方が愛用している傾向があります。
 またブラウンとオレンジを合わせることでグラデーションを作り、まぶたに丸みを持たせることでクリッとした黒目がちの目に見えます。

 

・フレッシュに見せたい時・・・グリーン。
 緑は中々難しい色だと思われがちですが、意外とかわいらしい印象にもなります。

 

・外人っぽく見せたい時・・・スモーキー色。
 外国人っぽく見せたい時は、黒や灰色のシャドウを使いましょう。
 スモーキー(くすんだ地味な色調)でダークな目元で、外国人らしさが引き出せます。
 元々、外国人の目元は、はっきりしているだけでなく、少し奥まって彫りが深いのが特徴です。
 黒っぽい色は、彫りの深さを更に強調してくれる効果があります。

 

いかがでしょうか?
なりたいイメージによって色んな色を使い分けられるのって楽しいですよね!

 

★アイブロウ
男性の眉毛は女性の眉毛よりも太いです。女装をするのに太くて凛々しすぎる目は向かないかもしれないですね。
やわらかい雰囲気を出すために眉毛の色はとっても大事です。
黒々としていて濃い人は、眉マスカラもオススメです。
眉マスカラは簡単に眉毛に色を付けられるので、染めなくても茶色く柔らかい印象の眉毛が手に入ります。
ただ使いこなすのは初めは難しいかもしれません。眉毛が濃すぎる人も、染まりにくくちょっと大変かもしれません。
自分に合った方法を探しましょう!

 

お化粧に練習は不可欠です!!
すこしずつ綺麗になっていく自分を励みに、諦めずに頑張っていきましょう!

PAGETOP